Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /home/teamsolw/public_html/wp-includes/cache.php on line 36

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /home/teamsolw/public_html/wp-includes/query.php on line 21

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /home/teamsolw/public_html/wp-includes/theme.php on line 508
軽油税・軽油引取税の知識


軽油の豆知識ぃ~!

Posted by バウ | 豆知識 | 月曜日 13 9月 2010 11:29:36

今回は軽油の豆知識についてご紹介します。
軽油というとディーゼルエンジン自動車の燃料という印象ぐらいしかないのが普通だと思いますが、ガソリンとの違いなんかについてご紹介したいうと思います。

軽油がガソリンと同じく石油から精製されるものだということはご存知だと思います。でも、軽油とガソリンの違いをご存知の語って少ないんじゃないでしょうか。軽油がディーゼルエンジンの燃料だということは知っていても、軽油とガソリンの違いまではあまりご存じないのが一般的だと思います。

[軽油の購入方法]
軽油はガソリンスタンドで、レギュラーガソリン、ハイオクガソリンと一緒に販売されています。軽油もガソリンも同じ石油から作られていますが、軽油の精製方法に関してもガソリンは基本的に同じです。軽油とガソリン分ける違いは、「蒸留時の採取温度」にあります。

[軽油の特徴]
ガソリンは石油を熱して30~230℃の温度で発生する蒸気を採取して作られます。対して軽油の方は、140~380℃の温度で発生する蒸気から採取されるのです。つまり、低い温度で蒸発するのが「ガソリン」で、高温高圧で蒸発するのが「軽油」になります。ガソリンは常温常圧でも良く燃えるという性質があり、軽油は高温高圧の場合に良く燃焼するという性質があります。軽油は高温高圧の状態では優れた燃焼効率、燃費を発揮しますが、低温(常温)状態にはあまり適していません。

エコカー補助金

Posted by バウ | 閑話休題 | 木曜日 19 8月 2010 11:36:10

エコカー減税とは通称で正確には『環境対応車普及促進税制』といいます。ハイブリッド車や電気自動車、燃費の良い小型車などの環境対応車を購入する人への優遇税制のことで、エコカー補助金と合わせると新車購入費用を抑えることができるので人気となっています。

このエコカー補助金が来月末で期限が切れるため、駆け込みで新車購入を決める消費者が増えています。しかし、あまりの人気で予算が底をついて期限切れ前にもエコカー補助金が受けられなくなるという報道もされています。

『エコカー 補助早期終了も』
(東京新聞|2010年8月19日配信より引用)
 駆け込み需要の増加によって、エコカー補助金が九月末の期限を前に予算枠を使い切る可能性が出てきた。予算がなくなれば期限までに新車登録しても補助金はもらえなくなるため、販売店側は「できるだけ早く購入を決めてほしい」と、最終キャンペーンに力を入れている。
~~(以下省略)~~

また、ガソリンの値段が13週連続で下落傾向にあるという報道もありますから、これからはハイブリッド車や電気自動車へのシフトが強まっていくのかもしれませんね。

このエコカーですが、日本では電気とガソリンエンジンのハイブリッド車が中心ですが、ヨーロッパでは軽油で走るディーゼル車が中心です。軽油はガソリンに比べて燃焼効率が高いので昔から人気だったからだそうです。

しかし、今後は電気自動車へのシフトが起きてくるだろうといわれています。化石燃料を一切必要としない電気自動車が普及することによって、クリーンな環境が実現するといいですね。

消費税と軽油税の微妙な関係

Posted by バウ | 軽油と税の関係 | 火曜日 6 7月 2010 10:37:48

参議院選挙が今週末に迫っていますが、今回は選挙戦の争点の一つである消費税と軽油引取税の関係についてご紹介しましょう。

[問題]
コンビニやスーパーマーケットで買い物をするときに支払う消費税は、ガソリンスタンドでガソリンや軽油を購入したときにもかかるのでしょうか?

[答え]
ガソリンを給油したとき、軽油を入れた時の領収書を確認してみてください。ご存知の方も多いと思いますが、ガソリンには消費税がかかりますが、軽油の場合には消費税がかかりません。

ガソリンには消費税がかかって軽油にはかからない、一体これはなぜなのでしょうか?
簡単に仕組みを説明しましょう。

◆軽油の場合
(「軽油原価」×消費税率)+軽油税

◆ガソリンの場合
(「ガソリン原価」+ガソリン税)×消費税率

見て解るとおり実際はどちらにも消費税がかけられているのが正解だったのです。ただし、ガソリンの場合はガソリン税が課せられた仕入れ金額に消費税がかかっているので、お酒の酒税、たばこのたばこ税と同様『二重課税』になってます。

軽油の場合は、軽油が販売された時点で軽油税が課される二重課税にはなっていません。

このようにガソリンや軽油を購入するときに違いが生じているのは、税の原則からみてもおかしいのは明らかですね。法人税減税、消費税増税論議も大切ですが、その前にこういった二重課税問題、わかりにくい制度を改めていく抜本的な税制論議が行われることを期待します。

閑話休題~消費税増税について

Posted by バウ | 閑話休題 | 月曜日 21 6月 2010 9:39:56

先日、菅首相が消費税増税について具体的な数値(10%)を明言して話したことが波紋を広げています。同じ民主党の鳩山前首相が4年間は消費税増税をやらないと宣言していたことから、『方向転換』、『約束が違う』、『参議院選挙前に勇み足だ!』などなど様々な反応が見られます。

菅首相も今すぐ税率アップとは言っておらず、”議論をする”と言っているだけなので、是非話しあってもらいたいものです。

本当にこのままで財政赤字が解消されるのか?
消費税を上げるとして、その使い道は?
税率10%の根拠は?
消費税を上げた場合、所得税減税はあるのか?
等々。

議論しなければならないことはたくさんあるはずです。

選挙に悪影響が出るから議論自体タブーだとする議員連中は、本気で日本の未来を心配しているとは思えません。一刻も早く財政のこと、日本の将来への展望について議論してもらいたいものです。

さて今回は税金のこと、税務調査の徹底対策について基本的なことを勉強していきましょう。

「税金」とは国や地方公共団体などの公共機関が、公共サービスを実施するための原資として住民や法人などの民間から徴収する金銭その他の財貨・サービスのことです。この税金の機能は大きく分けて3つあると言われています。

[1.公共サービスの費用調達]
市場経済のもとでは提供困難なサービス(軍事、国防、裁判、警察、公共事業など)の提供のための費用を調達する

[2.所得の再分配]
「持てる者」から「持たざる者」に富を再分配する

[3.景気の調整]
増税により余剰資金を減らして投資の抑制、逆に後退期には減税により余剰資金を増やして投資の活性化

不正軽油とは?

Posted by バウ | 不正軽油 | 木曜日 13 5月 2010 10:47:30

”不正軽油”を御存知でしょうか。
不正軽油とは、軽油に灯油や重油を混ぜた「混和軽油」、重油に硫酸等を加えて精製した「製造軽油」などのことです。こうした不正軽油を自動車の燃料として販売・消費することによって、軽油引取税を脱税する事例が問題となっています。

[混和軽油]
軽油や灯油、重油を単純に混和したもの。ガソリンスタンドや地下タンクで混和する手口、タンクローリーのタンクの中で混和する手口、自動車の燃料タンクの中で直接混和する手口などがあります。

[製造軽油]
廃油の再生処理施設等で重油や灯油を原料に軽油を製造したもの。製造の過程での副生成物である『硫酸ピッチ』や『オイルスラッジ』などの有害な産業廃棄物の不法投棄が問題となっています。

不正軽油に関する新聞報道をご紹介しましょう。

『不正軽油製造:被告に有罪判決--松山地裁 /愛媛』
(毎日新聞|2010年5月8日地方版)
-----(以下省略)-----

『【富山】/県、路上抜き取り調査 不正軽油 許さない』
(中日新聞|2010年5月13日地方版)
~軽油には一リットル当たり三二・一円の軽油引取税が課税されるが、重油や灯油には同引取税が課税されない。抜き取り調査は、税金をごまかすために不正軽油を使う車両を取り締まるのが目的~
-----(以下省略)-----

不正軽油の製造・販売・使用は脱税行為であるのみならず、大気汚染にもつながり、国民の健康や生活を脅かす悪質な犯罪なのです。しかし、原油価格の高騰によってガソリンや経由の価格が上がって不況に喘ぐ中小零細企業が経費を切り詰めるために不正軽油に手を染める事件が後を絶ちません。

軽油税の暫定税率とは?

Posted by バウ | 軽油と税の関係 | 火曜日 13 4月 2010 9:41:01

『暫定税率』というのは文字通り”暫定的”に決められた税率のことで、ガソリン税(1リットル当たり53.8円)や軽油税(同32.1円)、自動車取得税(取得価格の5%)に「本来の税率に暫定的に上乗せされた」税率のことをいいます。

こうした暫定税率が課せられるようになったきっかけは、1973年の第1次オイルショック(石油危機)でした。

第4次中東戦争のあおりで石油価格が急騰し、狂乱物価など激しいインフレーションを生んだオイルショックは、国家をあげての「省エネ化」の方向に進ませることになったのです。石油資源を節約し、石油の消費を抑制することを目的として、ガソリン税などの税率を上乗せする暫定税率が課せられることになったのです。

暫定税率はガソリン税だけでなく、同年に自動車取得税、自動車重量税に、1976年には軽油取引税も創設され、これらの暫定税率は現在に至るまで続いています。昨年夏、暫定税率撤廃を公約に掲げ政権与党となった民主党も、財源不足から当分の間、暫定税率を残す決定をしたことは記憶に新しいところです。

暫定税率と本来の税率は下記です。

◆自動車取得税
本来の税率……取得価額の3%
暫定税率……2%の上乗せ(軽自動車、普通自動車)

◆自動車重量税
本来の税率……0.5トンにつき2,500円/年
暫定税率……0.5トンにつき5,000円の上乗せ(軽自動車、普通自動車)/年

◆ガソリン税
本来の税率……28.7円/リットル
暫定税率……25.1円/リットルの上乗せ

◆軽油引取税
本来の税率……15.0円/リットル
暫定税率……32.1円/リットルの上乗せ

メルセデス・ベンツのクリーンディーゼル

Posted by バウ | 豆知識 | 水曜日 10 3月 2010 9:33:29

軽油が燃料のディーゼルエンジンを搭載したメルセデス・ベンツの新車が発表されました。

『メルセデス・ベンツ、クリーンディーゼル「E350 ブルーテック」を発売』
(asahi.com|2010年2月25日)
 メルセデス・ベンツ日本は2010年2月24日、主力モデルの「Eクラス」にステーションワゴンを追加するとともに、クリーンディーゼルモデルの「E350 ブルーテック」を発売した。(中略)

■ブルーテック ステーションワゴンを世界初導入

 Eクラス ステーションワゴンとともに日本上陸を果たしたディーゼルモデル「E350 ブルーテック」は、世界でもっとも厳しい排ガス規制といわれる日本の”ポスト新長期規制”(平成22年度排出ガス規制)を、ディーゼル車として初めてクリアする輸入車。日本車も含め、ディーゼル+AT車としては初の快挙である。
-----(以下省略)-----

クリーンディーゼルはハイブリッドカーと並んで、環境対応車普及促進税制(エコカー減税)が適用され、自動車取得税と重量税が100%減税(免税)となります。メルセデス・ベンツ日本以外にも、フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは、「ゴルフ」、「ゴルフヴァリアント」の一部モデルの仕様を変更し、エコカー減税の対象車(自動車取得税と自動車重量税の75%減額対象車)として今年の2月から発売を開始しています。

クリーンディーゼルやハイブリッド、電気自動車など自動車の動力のバリエーションが増える中、軽油を燃料とするディーゼルエンジンの見直しが図られているのは素晴らしいことだと思います。

確定申告の季節

Posted by バウ | 軽油と税の関係 | 水曜日 10 2月 2010 9:40:35

今年も確定申告の季節になりました。テレビでは電子申告(e-TAX)促進を訴えています。申告期限は3月中旬ですが、早めの申告を心がけましょう。さて、今回は軽油税関連の話題から少し離れて、税金についての基礎知識について、少しアカデミックにまとめてみましょう。

そもそも税金とは、国や地方公共団体などの行政が、公共サービスを実施するための原資として住民や法人などの民間から徴収する金銭その他の財貨・サービスのことです。つまり、公共に使うためのお金を民間から徴収することを「税」と呼ぶのです。この税金・租税の機能は大きく分けて3つあると考えられています。

(1.)公共サービスの費用調達
市場経済のもとでは提供困難なサービス(軍事、国防、裁判、警察、公共事業など)の提供のための費用を調達するための機能。

(2.)所得の再分配
福祉国家の理念に基づいて、国家が一定程度の範囲において私的財産に干渉することもやむを得ないことと考えて「持てる者」から「持たざる者」に富を再分配する機能。

(3.)景気の調整
景気の加熱期には増税を行うことにより余剰資金を減らし投資の抑制を図り、逆に後退期には減税を行うことにより余剰資金を増やし投資の活性化を行う。これにより、景気を調節することが可能であると考えられています。

税金は少ない方がいいと思いますが、社会が立ち行かないとなれば、お金を拠出するのはやぶさかではないというのが皆さんの本当のところではないでしょうか。

自動車関連の税金一覧

Posted by バウ | 目的税, 豆知識 | 水曜日 13 1月 2010 10:00:29

自動車に関わる税金は全部で9種類あり、軽油取引税もそのひとつです。自動車関連諸税は種類が多いだけでなく、「国税」と「地方税」に分かれていて、使用目的に関しても「目的税」と「普通税」に分かれるなどなどかなり複雑です。

昨年末にこうした自動車関連税に関する報道があったのでご紹介しましょう。

『暫定税率は事実上維持、控除から手当てへ=10年度税制改正大綱』
(ロイター|2009年12月23日配信より引用抜粋)
~焦点となっていた揮発油税などの暫定税率は仕組みを廃止した上で税率水準自体を維持することを明記、地球温暖化対策税の2011年度実施に向けて検討を進めることも盛り込んだ。~(中略)~自動車重量税は国税分を半減させ減税を実現させるが、ガソリン税、軽油引取税、自動車重量税、自動車取得税の暫定税率を廃止することによる「2.5兆円の減税」を掲げたマニフェストからの大幅な修正となった。~(以下省略)
------------------------

結局のところ暫定税率は名前を変えて残ったということです。なんだか騙された気もしますが、ガソリン税の二重課税問題など制度上の不備については早急な改善が望まれるところです。

<自動車の取得段階>
・自動車取得税(地方税/目的税)
・消費税(国税/普通税)

<自動車の保有段階>
・自動車税、もしくは軽自動車税(地方税/普通税)
・自動車重量税(国税/目的税)

<自動車の走行段階>
・揮発油税(国税/目的税)
・地方道路税(国税/目的税)
・軽油取引税(国税/地方税)
・石油ガス税(国税/目的税)
・消費税(国税/普通税)

*消費税の1/5が、地方消費税となります。
*自動車重量税の3/4が国の一般財源となり、1/4は地方の道路特定財源に充てられます。

軽油関連のニュース

Posted by バウ | 閑話休題 | 水曜日 9 12月 2009 10:04:19

軽油に関するニュースがあったのでご紹介します。

『軽油漏れ:新幹線保守基地で4700リットル漏れる--名古屋でJR東海 /愛知』
(2009年11月26日|毎日新聞地方版より引用)
 JR東海は25日、名古屋市中村区橋下町の東海道新幹線日比津保守基地で、4700リットルの軽油漏れがあったと発表した。900リットルが下水へ流れたが、それ以外に周辺への流出はなく、影響は出ていないという。(以下省略)
------------------------------------

今回の事故は蓋の締め忘れという人為的ミスが原因だそうです。人為的ミスにより発生した事故としてはこのニュースも見逃せません。

『車輪出し忘れが原因か 小松基地のF15着陸事故』
(2009年12月7日|共同通信より引用)
 航空自衛隊小松基地(石川県)に着陸したF15戦闘機が滑走路に胴体を接触し立ち往生した事故で、空自は7日、パイロットが車輪を出し忘れたまま胴体着陸したとみられると発表した。機体に不具合はなく、人為的ミスの可能性が高い。(以下省略)
------------------------------------

いずれの事故も国民の安全を預かる組織・企業での事故です。システムに問題があるのか、それとも人の問題なのか。人の命を守るはずの仕事で、このような事故が発生するのは組織とシステムの問題なのではないでしょうか。早急に組織の運用にメスを入れて改善していただきたいものです。

次のページ »