軽油の豆知識ぃ~!

Posted by バウ | 豆知識 | 月曜日 13 9月 2010 11:29:36

今回は軽油の豆知識についてご紹介します。
軽油というとディーゼルエンジン自動車の燃料という印象ぐらいしかないのが普通だと思いますが、ガソリンとの違いなんかについてご紹介したいうと思います。

軽油がガソリンと同じく石油から精製されるものだということはご存知だと思います。でも、軽油とガソリンの違いをご存知の語って少ないんじゃないでしょうか。軽油がディーゼルエンジンの燃料だということは知っていても、軽油とガソリンの違いまではあまりご存じないのが一般的だと思います。

[軽油の購入方法]
軽油はガソリンスタンドで、レギュラーガソリン、ハイオクガソリンと一緒に販売されています。軽油もガソリンも同じ石油から作られていますが、軽油の精製方法に関してもガソリンは基本的に同じです。軽油とガソリン分ける違いは、「蒸留時の採取温度」にあります。

[軽油の特徴]
ガソリンは石油を熱して30~230℃の温度で発生する蒸気を採取して作られます。対して軽油の方は、140~380℃の温度で発生する蒸気から採取されるのです。つまり、低い温度で蒸発するのが「ガソリン」で、高温高圧で蒸発するのが「軽油」になります。ガソリンは常温常圧でも良く燃えるという性質があり、軽油は高温高圧の場合に良く燃焼するという性質があります。軽油は高温高圧の状態では優れた燃焼効率、燃費を発揮しますが、低温(常温)状態にはあまり適していません。

コメント (0)

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS

現在コメントフォームは利用できません。