自動車関連の税金一覧

Posted by バウ | 目的税, 豆知識 | 水曜日 13 1月 2010 10:00:29

自動車に関わる税金は全部で9種類あり、軽油取引税もそのひとつです。自動車関連諸税は種類が多いだけでなく、「国税」と「地方税」に分かれていて、使用目的に関しても「目的税」と「普通税」に分かれるなどなどかなり複雑です。

昨年末にこうした自動車関連税に関する報道があったのでご紹介しましょう。

『暫定税率は事実上維持、控除から手当てへ=10年度税制改正大綱』
(ロイター|2009年12月23日配信より引用抜粋)
~焦点となっていた揮発油税などの暫定税率は仕組みを廃止した上で税率水準自体を維持することを明記、地球温暖化対策税の2011年度実施に向けて検討を進めることも盛り込んだ。~(中略)~自動車重量税は国税分を半減させ減税を実現させるが、ガソリン税、軽油引取税、自動車重量税、自動車取得税の暫定税率を廃止することによる「2.5兆円の減税」を掲げたマニフェストからの大幅な修正となった。~(以下省略)
------------------------

結局のところ暫定税率は名前を変えて残ったということです。なんだか騙された気もしますが、ガソリン税の二重課税問題など制度上の不備については早急な改善が望まれるところです。

<自動車の取得段階>
・自動車取得税(地方税/目的税)
・消費税(国税/普通税)

<自動車の保有段階>
・自動車税、もしくは軽自動車税(地方税/普通税)
・自動車重量税(国税/目的税)

<自動車の走行段階>
・揮発油税(国税/目的税)
・地方道路税(国税/目的税)
・軽油取引税(国税/地方税)
・石油ガス税(国税/目的税)
・消費税(国税/普通税)

*消費税の1/5が、地方消費税となります。
*自動車重量税の3/4が国の一般財源となり、1/4は地方の道路特定財源に充てられます。

コメント (0)

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS

現在コメントフォームは利用できません。